セブンブリッジ:ルール

プレイ人数

2~6人
使用カード

53枚(ジョーカーを含む)
概要

麻雀のようなゲームです。同じ数字3枚、同じマークの連続する数字3枚などの役を作って場に出していき、早く手札を無くした人の勝ちです。 麻雀よりもかなり単純で、簡単にできるゲームです。
基本ルール
勝利条件

一番最初に手札を無くした人の勝利。
メルド

役を作って場に表向きに出すこと。同じ数字のカードが3枚以上、同じマークで数字が連続した3枚のカードをメルドすることができる。 また、7は1枚でもメルドすることができる。7と同じマークの6か8があれば、2枚以上でメルドすることもできる。
つけ札

他のプレイヤーがメルドしたカードに自分のカードを付け足すこと。同じ数字のメルドであればその数字のカードを、 同マークの連続する数字のメルドであれば同マークで数字の連続するカードをつけ札することができる。 ただし、自分がメルドしていなければつけ札をすることができない。

ポン

他のプレイヤーが捨てたカードと自分の手札を合わせると同じ数字のカードが3枚になる場合は、「ポン」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。 ポンをしたプレイヤーはポンでできた役のカードを場に置き、いらないカードを1枚捨てる。ただし、1巡目にはポンをすることができない。
チー

右隣の人が捨てたカードと自分の手札を合わせると同マークで数字の連続する3枚になる場合は、「チー」と宣言して捨てられたカードをもらうことができる。 チーをしたプレイヤーはチーでできた役のカードを場に置き、いらないカードを1枚捨てる。ただし、1巡目にはチーをすることができない。 また、自分がチーをしたときに同時に他のプレイヤーがポンをした場合は、ポンが優先される。
ジョーカー

ジョーカーはどのカードの代わりにもできる。
ペナルティ

誰かがあがると、他のプレイヤーは手札に残ったカードに応じて以下のペナルティが与えられる。
手札に残ったカード ペナルティのマイナス点
ジョーカー 15点
A 14点
K 13点
Q 12点
J 11点
10と7 10点
その他 5点

ゲームの進め方
親は各プレイヤーに7枚ずつカードを配る。残ったカードは裏向きにして中央に置き、積み札とする。
   親が積み札から1枚カードを取って手札に加え、手札からいらないカードを1枚捨てる。 他のプレイヤーも同様に、1枚カードを取って1枚捨てるという行為をする。
   プレイヤーは自分の順番のときに、役がそろっていればメルドすることができる。ただし、役がそろっていてもメルドは必須ではない。 また、自分がメルドしている場合は、他のプレイヤーにつけ札をすることもできる。
   他のプレイヤーがカードを捨てた時に、ポンやチーをすることができる。(2巡目以降)
   このようにゲームを進めていき、一番最初に手札を無くした人の勝ちとなる。ただし、あがるときには必ずカードを1枚捨ててあがらなければならない。 (メルドやつけ札をしてあがってはいけない) 勝者以外の人は、残った手札に応じてペナルティ点が与えられる。

  • 最終更新:2017-02-16 07:47:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード